« ネコ返しの蓋 | トップページ | ホコリ密度について »

2018/03/13

文庫本棚を自作して設置

文庫本はサイズが揃っているのでギリギリの寸法で棚が作れる。
単行本だと少しずつサイズ、特に高さがちがうのでこうは行かないのだ。

Bunko_01


今回は棚板として床材の残り(杉板)を使ったのだが、うまいことに裏側に2本の溝が切ってあった。多分、反りを防止する目的と思われるが、ここに棚受けのピンがピタリとはまるのだ。本来の目的とはちがうが、今回の目的にはむしろピッタリ。側板となる1×4材に、一定の間隔でピンを差す穴を開け、棚板を置いたら完成。すごく簡単...と思って作業を開始したのだ。

Bunko_10

この2本の溝を利用することにした。


Bunko_02

側板は1×4材を使用。


Bunko_03

側板に穴を開けてピンを刺したら棚板を乗せるだけ...


Bunko_05

何とか形ができた。


Bunko_08

壁に沿わせて取り付けるのが大変だった。


Bunko_09

上半分は壁が見えるように空けてある。



ところで、当家の壁には巾木や柱、そして梁などが表してあり、何しろデコボコが多い。壁からの出っ張り具合もそれぞれ微妙に差があり、すべてをうまくかわして取り付けるのが意外と大変...   棚受けの仕組みそのものは簡潔だったが、それなりに手間はかかってしまった。(はじめから分かっていたけれど「何とかなるさ...」で始めてしまったのです。)

さて、棚が出来上がってみると、持っている文庫本をすべて納めても少し余裕があった。さらに、棚板もまだ増やすことができるのだ。あまり物は増やしたくないが、余裕があるとそれはそれで嬉しい。嬉しい気持ちだけにとどめて置きたいが、人間どうなるか分からない。


|

« ネコ返しの蓋 | トップページ | ホコリ密度について »

工事について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文庫本棚を自作して設置:

« ネコ返しの蓋 | トップページ | ホコリ密度について »