« 釘が出ている | トップページ | 上野の森 »

2010/07/16

からくり戸

以前にも採り上げたことがあるトイレのドア。
このドアを開くと洗面所と廊下を区切ることができます。

ドアを開けると廊下の幅に納まり、
洗面脱衣所のようなスペースが出来るという仕掛けです。

普段は洗面は廊下の途中にあるような感じで、
入浴するときにドアで区切ると洗面脱衣所ができるというわけです。

Ent_003 Ent_015

T_door02_2 T_door01

このトイレのドアにはドアノブなどはなく、マグネットで留まります。
取っ手もシンプルに角材を少し加工しただけにしました。
鍵は必要になったら付けようと考えていたのですが、
今のところ(と言っても2年も経っていますが)付けていません。

ドアの高さは2.1mぐらいなので、
近頃では特に大きなサイズではないでしょう。
しかし、今頃のように湿度の高い季節は反りが大きくなってしまい、
マグネットが効かなくなってしまうこともありました。

それでも、今年はわりと調子がいい様子。
だんだん環境に馴染んできたのかもしれません?(だと良いのですが)

これからも見守って行きたいと思います。

>>以前の記事


|

« 釘が出ている | トップページ | 上野の森 »

住居について」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からくり戸:

« 釘が出ている | トップページ | 上野の森 »