« スイッチのスキマ | トップページ | 簡単配線工事 »

2010/01/22

ヤコブセンの椅子のような椅子

C_01 C_05
C_03 C_02
C_06 C_07

そう言えば、家にはこんな椅子があったのだ。
もう15年ぐらい前にフィラデルフィアのアンティークマーケットで購入した。
一応「DENMARK」の焼印が押してあるのものだ。

スチールの脚に合板を曲げた一体の座面と背。
形を見ると、なんとなくアントチェアやセブンチェアに通じるものが
あると思うのだが、どうだろう。

製造は1950年代。もう60年も前になるのだ。
残念ながら合板が割れてきてしまい、今ではこの一脚しか残っていない。
時々恐る恐るそーっと大事に座ってみる有様。


それにしても、50年以上というのは短くない年月だ。
建物ですら(なぜか)2、30年が耐用年数と考えられている我が国においては、
ベニヤの椅子の方が長持ちするのです.....

C_04

|

« スイッチのスキマ | トップページ | 簡単配線工事 »

閑話...」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブセンの椅子のような椅子:

« スイッチのスキマ | トップページ | 簡単配線工事 »