« 鞆の浦のニュース | トップページ | 節をいろいろ集めてみた »

2009/10/03

手摺りとは・・・

法的な決まり事は別として、階段の手摺りをつけても実際はあまり使わないだろうと思っていた。ところがある日、無意識に手摺りを握っている自分に気づいてしまった。降りる時よりも、上るときによく握っているみたいだ。

Rail_01_2 Rail_03_3 

この手摺りの握り心地は丸棒等に比べると少々ごつい。ハードな握り心地。掴むような感じではなく、壁とのスキマに手を入れる。それこそ手で摺ると言う感じ。

St_001_2 Ksh_str4

結局、丸棒でもロープでも手が添えられて支えになれば何でも良いとも言える。当家の場合、上りの回転部分ではコーナーポストの柱を持ち、直線部にさしかかる時に手摺りに触れる。下りではコーナーポストしか使わないことが殆ど。この動作が自然と癖になって来ている。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ(←クリックいただけると助かります。)

|

« 鞆の浦のニュース | トップページ | 節をいろいろ集めてみた »

住居について」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手摺りとは・・・:

« 鞆の浦のニュース | トップページ | 節をいろいろ集めてみた »