« 冬の家 | トップページ | 積雪を記録した »

2009/02/24

2階が近い楽しさ

屋上を作りたかったため、各階の天井高さは低めに設定してあります。天井仕上げのない場所が多いですが、梁の下端で2m10cmです。もう少し低くてもよかったなと思いますが、区の規定により2.1mになりました。

各階の高さを抑えたので、1階の床レベルから2階の床レベルまでの距離が小さくなり、その結果、階段も短くなりました。つまり2階が近いのですが、これがなかなか面白いのです。階段の上と下で話をしていると同じ部屋にいるような親密感があったり、物の受け渡しがし易かったり、などなど。
2階をリビングにすると上下の往復が多くなりそうですが、結構スーッと上がれてしまいます。階段の両サイドが壁に挟まれていないので、隔絶された感じがないのも距離感を抑えているのかも。下から見上げた時に、軽く手が届きそうな感覚は気楽で良いです。

Stair_drw_2

長くて真っ直ぐな階段とか迷路のような階段など、それはそれで魅力的ですよね。当家の階段は見た目よりも体で感じる面白さがある、と言ったらいいすぎでしょうか。まぁ、そのうち当たり前になってしまうのかもしれませんが、とりあえずまだ楽しんでおります。

にほんブログ村 住まいブログへ

|

« 冬の家 | トップページ | 積雪を記録した »

住居について」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2階が近い楽しさ:

« 冬の家 | トップページ | 積雪を記録した »