« 現場から | トップページ | 秋空 »

2008/10/01

階段という場所

Ksh_str

小さい家の階段は、下が収納になっていたりすることがあります。
面積を有効に使う工夫ですが、ここではあえてオープンにしました。
(何と...もったいない!)

玄関ポーチ側をガラスにして、外から光を導き入れます。
透けた階段がさらに軽やかになるように...

直線の鉄砲階段と回り階段が切り替わる作りなので、
シンプルに見えますが製作は大変だったかもしれません。
特に、段板を壁側に飲み込ませるようになっているところなど
なかなか綺麗に仕上げるのは困難でしょう。

下から4段目までの回り階段の部分には、段板に補強を入れてあります。
コーナーの柱は上り下りの際につかまるのにも良い具合です。

Ksh_str2

1階の天井高は2.15mと低めなのですが、
階段部分は上部へ吹き抜けているので
上昇感があり、周辺はなんとなくワクワクする場所になりました。


※その後、階段前には本棚が設置されたり、
玄関に近いことから、荷物を開梱したりものを広げたりと
家の中の多目的な場所として機能している。
階段下を開けておいたことが正解だったようだ。






にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

|

« 現場から | トップページ | 秋空 »

住居について」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 階段という場所:

« 現場から | トップページ | 秋空 »